本県小国市にある『田の原温泉 大朗館』に宿泊してきました。

黒川温泉旅行で宿泊したのですが、金額の安さと貸切風呂のクオリティに満足しました

黒川温泉街に1人で宿泊すると2万円以上する宿がほとんどですが、大朗館は8500円という安さ。

宿から黒川温泉まで車で5分なので立地も問題なしでした。

この記事では大朗館に宿泊した内容をブログ記事にまとめました。

黒川温泉近くで宿泊先を検討している方は口コミのひとつとしてご参考ください。

※1泊2日の黒川温泉旅行については、【黒川温泉へ一人旅】温泉めぐりが楽しい!湯あかりと熊本の絶景に満足【旅行記ブログ】に書いているので合わせてどうぞ。

田の原温泉 大朗館の特徴

大朗館の入口

大朗館の特徴は下記のとおり。

・黒川温泉近くなのに安い
・120年以上の老舗旅館
・2018年に改装しているので古さを感じない
・8つの貸切風呂を自由に利用できる

黒川温泉まで車で5分ほどという立地なのに宿泊代金が安いです。

貸切風呂も全て源泉かけ流しの温泉で「料金設定間違ってるんじゃないの?」と思うぐらい充実した旅館でした。

大朗館への行き方

熊本空港から大朗館への行き方は車かバスになります。

レンタカー:料金は日数次第、約75分
バス:片道2000円、約120分

僕はレンタカーだったので使っていませんが、大朗館に連絡しておけば黒川温泉のバス停まで送迎に来てくれるそうです。

熊本空港→黒川温泉→大朗館→黒川温泉→熊本空港、という行程ならバス移動でも問題ないです。

ただ、車を運転できる人であればレンタカーがおすすめ。

というのも

・行きのバスは午前までの運行
・周辺スポット観光も楽しい
・黒川温泉の場所によっては徒歩じゃ遠い

といった理由があります。

特に大観峰や鍋ヶ滝といった絶景スポットは車でしか行けませんが一度は行っておいて損しない場所です。

360度パノラマの大観峰。

大観峰展望台

お茶のCMにも使われた鍋ヶ滝。

鍋ヶ滝正面

12月下旬~3月上旬以外は雪や凍結の心配もなくレンタカーで観光しやすいです。

熊本で最安値のレンタカーを借りるのであればたびらいレンタカーで事前に予約しておくと良いですよ。

複数のレンタカー会社から最安値の条件でレンタカーを探すことができます。

田の原温泉 大朗館に宿泊

田の原温泉 大朗館に泊まった様子を写真も交えて紹介していきます。

1人宿泊で朝食付き和室に1泊という内容で、8500円(税込み)。

黒川温泉街の宿が1人宿泊で2万円以上することを考えるとかなりの安さでした。

補足ですが、2人宿泊の場合はさらに安くなるので、家族や夫婦での宿泊もおすすめできる旅館でした。

大朗館にチェックイン

田の原大橋

大朗館の宿の前に田の原大橋があるので、橋を渡ると駐車場です。

『笹のしずく』という大朗館の貸切風呂の駐車場でもあります。

こちらのお風呂は、平日9時~15時、土日は9時~18時まで日帰り入浴も可能。


大朗館の駐車場に車を停めたら宿のチェックインに向かいます。

大朗館の入口

入口には映画『男はつらいよ』の寅さんの顔はめパネルがあります。

田の原温泉が映画の舞台になったことから置いているそう。

実際に撮影に使われた隣の公衆浴場は現在閉館していました。

大朗館入口の招き猫

中に入ると招き猫やひょうたんなどにぎやかな様子。

受付でチェックインを済ませると80歳ぐらいのご主人が部屋まで案内してくれます。

大朗館の部屋

今回宿泊した部屋が『りんどう』という部屋で、3階の部屋でした。

大朗館の部屋

部屋は想像していたよりも広くて綺麗でした。

2人宿泊でも同様の部屋を使うということだったので広さにも納得。

大朗館部屋からの眺め

窓からはすぐ横の田の原川が見えて、川のせせらぎも聞こえてきます。

落ち着いていて静かな風景。

夕食付きのプランではなかったので布団を敷かれていました。

部屋のトイレ

お手洗いは以外にもウォシュレットでした。

部屋の洗面所

洗面所と冷蔵庫はその隣。トイレと洗面所がふすまの奥にあって忍者屋敷のよう。

浴衣やバスタオルなども準備されていました。

大朗館の館内設備

大朗館は120年以上の老舗旅館ですが改装も行っているので古すぎる感じは受けません。

大朗館の廊下

部屋の前の廊下がこんな感じ。壁紙は新しくしているよう。

焼酎バー

1階の受付前に焼酎バーというのがありました。

行ったときはやってるのかどうかわからなかったです。

マンガの『こち亀』も置いてあるので夜は退屈しないですね。

大朗館のコーヒーサーバー

受付横にはコーヒーサーバーもあり滞在中は自由に飲めます。

シャンプーバー

お風呂横にはシャンプーバーといって、シャンプー・コンディショナー・ボディーソープが自由に使えます。

女性用にメイク落としなどもありました。

大朗館の8つの貸切風呂

大朗館で一番印象に残ってるのが8つの貸切風呂です。

貸切風呂は、館内にある内湯と『笹のしずく』にある外湯に分かれていて、宿泊者は自由に使えます。

使用中は中から鍵をかけておく仕組みです。

総部屋数が9部屋(聞き間違えてたらすみません)なので、宿泊中かぶることはなかったですよ。


お風呂の種類は下記の通り。

外湯:滝見風呂、通常露天風呂、樽風呂、釜風呂、石風呂、ヒノキ風呂
内湯:岩風呂、一般的な大浴場

僕が行ったときは通常露天風呂、釜風呂が閉じられてました。

使える源泉の量が決まっているため冬季に全て使うと温度を維持できないそうです。

その分、源泉かけ流しで温泉の成分が濃かったです。

泉質は、ナトリウム-塩化物-炭酸水素泉。

ナトリウム感が強めで冬でも湯冷めしにくく汗かきましたね。

炭酸水素の影響なのか少し肌がつるつるになった気がします。


中でも滝見風呂は本当に気持ちよかった。

大朗館の滝見風呂_じゃらん引用
(写真はじゃらんから引用)

扉開けたときに滝が流れていて、ライトアップされていたので「おおっ!」となりました。

10~20人は入れるであろう露天風呂を独り占め。

しかも湯の温度がちょうど40度ぐらいで、露天風呂で言えば長湯してものぼせない温度でした。


他のお風呂も入りました。種類が違うので入っていて飽きないですね。

大朗館の樽風呂

樽風呂は身体がすっぽり入ってフィット感が良かったです。

樽風呂の湯口

温泉成分が湯口にびっちりついてますね。成分が濃い証拠。

確かに身体が温まって汗かきました。

ヒノキ風呂

ヒノキ風呂も良かった。なんかくつろげるんですよね。

かけ流しのお風呂が浴槽からどんどん流れていました。


内風呂もそうぞうしていた内風呂とだいぶちがっていましたね。

大朗館の内風呂(石)

岩で囲まれた内風呂。空気の流れが少なく湯気がすごかったです。

内湯(大浴場)

もうひとつの内風呂は一般的な大浴場のようなお風呂。

外風呂にも洗い場はついていましたが、内風呂のほうが室温が高いです。

髪や体を洗うのであれば内風呂のほうがおすすめ。

大朗館の朝食

大朗館の朝食は2階の大広間が朝食会場になっています。

8時からスタートで朝食が準備されています。

ご飯とお味噌汁は着座してから運ばれてきました。

大朗館の朝食

写真のとおりメニューは量多めです。

料理の味はおばあちゃんちで出てくるような家庭料理に近い味でした。

品数多くても食べ続けられる味ですね。こういう料理好きです。

宿のご主人が頑張って配膳している姿が印象的でした。

ほっこりおいしい朝食がいただけました。

田の原温泉 大朗館に宿泊した感想・口コミ

大朗館に実際に泊まって気づいた注意点と良かった点を書いておきます。

注意点

・黒川温泉まで徒歩で30分かかる

黒川温泉までが車であれば5分ほどですが徒歩だと30分ほどかかります。

車であれば問題ないですがバスで行こうと考えている人は、宿に何時まで送迎対応しているか確認しましょう。

例えば、12月下旬から3月末までの『湯あかり』に参加したい人は夜遅くの送迎がない場合、タクシー使うことになりますからね。


・バスタオルを複数枚用意したほうがいい

大朗館の貸切温泉は浴場が分かれているため、移動する場合は服を着る必要があります。

そのため貸切温泉をはしごするなら体を何度もふくのでタオルが湿ってきちゃいます。

外風呂だけでも6つあるので3つ目のお風呂あがる頃にはタオルが濡れてきてしまいました。

僕はバスタオルを持ってきていたので大丈夫でしたが、一度に複数の貸切風呂に入る予定があれば予備のバスタオルを持っていくと良いですよ。

今回持ってきたエアーかおるという吸水性の良いバスタオルが大活躍。

詳しくは、【エアーかおるの口コミ・レビュー】種類の違い・サイズ・洗濯時の注意点を紹介!の記事で紹介しているので合わせてどうぞ。


・足が悪い人には厳しい

大朗館は昔ながらの旅館なのでエレベーターなどがなく、部屋も2階以上です。

そのため足が悪い人の宿泊は難しいと感じました。

黒川温泉自体が足が悪い人向きではないので、この温泉街は選ばない気はしますが一応注意点です。

良かった点

・貸切風呂のクオリティが高かった

泊まってみて驚いたのが貸切風呂のクオリティが高かったことです。

よくこれだけ色んな種類のお風呂を用意したもんだなと感心しました。

宿の人の趣味かもしれませんね。

似たような造りだったら1つで良いかなと思いましたが、面白かったので複数入ってしまいました。

しかも全て源泉かけ流し。泉質的にしっとり美肌を作るタイプだったので女性が喜びそう。

あと温度が40度ジャストぐらいで適温だったため長湯できて快適でした。


・ヤマザキショップまで徒歩3分

6時半~22時まで空いているヤマザキショップまで歩いて3分という近さ。

しかもこのヤマザキショップ、地元の日本酒や焼酎なども売っているので晩酌にぴったり。

僕は黒川温泉でお酒とお菓子を調達してしまいましたが、宿から近くなのでこちらでも良かったです。

黒川温泉周辺でコンビニに似たお店はこのヤマザキショップのみなので、近いのはけっこう便利。


・宿泊料金に対して内容が良い

お風呂も含めてですが部屋の内容、朝食などを考えると1人宿泊で1泊8500円はかなり安かったです。

金額が本当に合ってるか不安になったぐらいですね。

じゃらんを見る限り2人宿泊だとさらに金額安かったですね。

黒川温泉は観光したいけど、宿泊は温泉街から離れていても良い人であればいちおしの宿ですね。

まとめ

大朗館に宿泊した感想をまとめておきます。

・貸切風呂のクオリティが高かった
・ヤマザキショップまで徒歩3分
・宿泊料金に対して内容が良い
・黒川温泉まで徒歩で30分かかる
・バスタオルを複数枚用意したほうがいい
・足が悪い人には厳しい

大朗館はなんせコスパ抜群の宿でした。

ご主人が頑張って運営していたのでこれからも頑張っていってほしいですね。

黒川温泉周辺に安くで温泉宿に泊まりたい人は大朗館をおすすめします。