垣島でオールブルー(All Blue)の『青の洞窟+シュノーケリングツアー』に参加したので感想をブログにまとめました。

ツアーの内容としては、

・川平湾までドライブ
・米子焼き工房
・ジャングルから青の洞窟
・鍾乳洞探検
・遠浅ビーチでシュノーケリング
・滝つぼダイブ

といった内容盛りだくさんの4時間コースでした。

ツアー料金は6000円で、じゃらん遊びの1000円引きクーポンを使って参加しました。


結論から言うと、スタッフさんの知識が豊富でツアーの内容も満足でした。

特に初めてシュノーケリングする人であれば参加して損しないと思います。

本記事では、前半に『青の洞窟+シュノーケリングツアー』の内容を画像付きで紹介、後半に参加した感想をまとめています。

石垣島でシュノーケリングツアーを検討している方は、口コミ・レビューのひとつとしてご参考ください。

※2019年2月にシュノーケリングツアーに参加した内容です。

オールブルーの『青の洞窟+シュノーケリングツアー』に参加

オールブルー(主催しているツアー事業者さん)の『青の洞窟+シュノーケリングツアー』に参加した様子を紹介していきます。(リンク先で写真や口コミも見れるので合わせてどうぞ)

シュノーケリングに使う用具は全て借りれるので、初心者でも問題なしでした。

持ち物は下記4点ぐらい。

・水着
・サンダル(濡れてもいい靴)
・タオル
・飲み物

更衣室があるので荷物は預けれますし、終わったあとにシャワーも浴びれます。

オールブルーの事務所でツアー内容の説明を聞く

オールブルー事務所

シュノーケリングツアーの集合場所はオールブルーの事務所です。

レンタカーの人は駐車場があるので直接向かうこともできますし、石垣市街(車で10分圏内)までであれば送迎もしてくれます。

事務所に着いて受付が済んだら、ツアーの内容やシュノーケリングのやり方について説明があります。

この段階でシュノーケリングの呼吸方法などを練習します。

シュノーケリング練習

僕も初めてでしたが問題なくできました。

スタッフさんが海の状況を説明してくれて、波が荒い時間などを避けるように行程を組んでくれます。

こういった行程組みや海の状況というのは個人だとなかなか分からない部分なので助かりました。

希望する人は2000円で水中カメラを借りれます(SDカードはもらえます)。

水中カメラ

今回は夫婦で参加していたので水中カメラを1台借りました。水中カメラの使い方も教えてくれますよ。

あらかた説明が終わるとウエットスーツに着替えて出発します。

川平湾までドライブ

オールブルーの事務所から観光地である川平湾までは寄り道しながら向かいます。

・サトウキビ畑の間を通るシュガーロード
・有名なジェラート屋さんミルミル本舗の原っぱ
・ちょっとした潮干狩りやエビがとれる場所

などなど。

そのときのスタッフさんが『トシさん』という方で石垣島に来て5年目だそうですが、石垣島についてとても詳しかったですね。

石垣島の星空観賞のスポットやクジャクの繁殖、石垣島の土地高騰など、話題が豊富で話を聞いてるうちに川平湾に着きました。

川平湾

川平湾は石垣島を代表する観光地で天気や時期によって見え方が変わるそうです。

今回行ったタイミングは曇りで魅力半減でしたが、晴れた日にまた来るという楽しみができました。

奥さんとの記念撮影も撮ってもらえたので良かったです。

米子焼き工房で巨大シーサーと遭遇

川平湾からすぐ近くの米子焼き工房というところに寄りました。

石垣島のお土産としても人気が高い米子焼きの工房裏にはアミューズメントパークが広がっていました。

宇宙人みたいな米子焼き

シーサーだけじゃなく宇宙人みたいな焼き物もいました。

邪悪なシーサー

シーサーっぽい焼き物でも邪悪な顔しています。この巨大な焼き物は1年に1体増えていくそうです。

海の荒れ具合のためイレギュラーで立ち寄ったようですが楽しめました。

ジャングルから青の洞窟へ

米子焼き工房のすぐ近くに車を停めて青の洞窟に向かいました。

海に出るまでの道はジャングルみたいに地面がぬかるんでいました。

こけないように木につかまりながら進んでいくと海に出ます。

ジャングルから海へ

海が荒れていたのでこのビーチでのシュノーケリングはありませんでした。

岩場を歩いて青の洞窟に向かっていくと、小さい魚が海の中にいるのが見えます。


少しばかり岩場を歩いていくと青の洞窟に着きます。

青の洞窟

晴れていると陽の光が差し込んで青くなるようですが、天気はどうしようもありませんね。

青の洞窟の中に鍾乳洞があるので水の中に飛び込みます。

ウエットスーツを着ているおかげで2月ですが寒さはありませんでした。

そのままちょっと泳いで中に入ります。

 

鍾乳洞を探検

青の洞窟の中は少し進むとけっこう暗くなります。

鍾乳洞の中

中から外を見るとこんな感じで暗めです。

鍾乳洞の中ではスタッフのトシさんが懐中電灯をつけて案内してくれました。

鍾乳洞は10分あれば中を回って出てこれるぐらいの大きさでしたよ。

水中カメラに水滴をつけたまま使ってしまったため、鍾乳洞ではあまりうまく写真を撮れませんでした。

遠浅ビーチでシュノーケリング

青の洞窟から戻った後は、車で5分ほど走った場所にあるシュノーケリングスポットに移動です。

こちらのシュノーケリングスポットは遠浅のビーチ、かつ波が入ってきにくい構造になっていました。

シュノーケリングの準備

ビーチに着いて再度シュノーケリングのやり方について教えてもらいます。

泳ぎに自身のない方はトシさんがロープと浮きを使って引っ張ってくれていました。

シュノーケリング①

天気は悪かったですがそれでも魚が泳いでいるのが見えました。

こんな浜付近に魚がたくさんいるなんて。

シュノーケリング②

写真の撮り方とピントの合わせ方が下手すぎましたが、カラフルな魚が見れましたよ。

シュノーケリングは徐々に慣れたので1時間ほど遊びました。

これで天気が良かったらもっと青くて綺麗だったんでしょうね。

また石垣にシュノーケリングしに来たいと思いました。

滝つぼダイブ

シュノーケリングを終えて車に戻った後は、オールブルーの事務所に帰る途中にある滝つぼに向かいました。

滝つぼは道路のすぐ脇にあるのですが案内されないと気づかない場所にあります。

滝つぼ

他のツアー参加者が先に滝つぼターザンをやっていましたが、途中で落ちてしまう人が多かったです。

僕らのグループはトシさんがうまくターザンする方法を教えてくれました。

滝つぼダイブ直前

教えてもらった通りにターザンしたらきれいに飛び込めました。川の水が冷たいけど楽しい。

滝つぼダイブが終わって車に戻ると、トシさんが準備していた40度ぐらいのお湯をかけてくれたので一気に温まりました。

こういうサービスは嬉しいですね。

シャワー&着替えて解散

事務所に帰ってシャワー(シャンプーなどもありました)を浴びて着替えます。

借りていた用具などを返して帰る準備ができたら解散になります。

水中カメラを借りていた人はSDカードも忘れずにもらって帰りましょう。


以上がオールブルーの『青の洞窟+シュノーケリングツアー』の内容です。

なぜオールブルーのシュノーケリングツアーを選んだのか?

オールブルーの『青の洞窟+シュノーケリングツアー』を選んだ理由としては、

じゃらん遊びで石垣島のシュノーケリングツアーを調べたときに、口コミの内容が一番良かったからです。

僕も初めてのシュノーケリングだったので、やり方を教えてもらえるかとか含めて口コミを見てたらオールブルーに行きついたという感じですね。

それ以外の口コミにも、

・スタッフさんが明るくて楽しい
・知識があって石垣島に詳しくなれた
・持ち物は水着とタオルで大丈夫

などの情報があり、初めてでもシュノーケリングやツアー行程を楽しめそうだなと思い決めました。

注意点

注意点というほどではありませんが、水中カメラのレンタルに2000円かかることを見逃していたことです。

SDカードがもらえるので高い金額ではないのですが、自前で用意しても良かったかなとは思いました。

※補足ですが、水中カメラのレンタルに2000円かかることは申し込みページに書かれています。僕の見落としです。

正直、オールブルーのシュノーケリングツアーに関しては悪い点を探しても見つからない、というのが本音です。

良かった点

スタッフさんが素晴らしい

今回担当してくれたトシさんはサポートとして素晴らしかったです。

石垣島の魅力をしっかり伝えてくれる、シュノーケリングの知識がある、サポートがうまい、など。

元々午前の予約だったのですが、海が荒れてる可能性が高いということから午後の予定で提案してくれたりと助かりました。

口コミを見る限り他のスタッフさんも素晴らしいという情報が載っていたので、オールブルーのスタッフさんが良いと言えそうです。


初心者でもシュノーケリングが楽しめた

初めてのシュノーケリングでしたが、陸と海で丁寧に教えてくれたおかげでシュノーケリングが楽しめました。

あんなにも魚を水中で見る体験をしたことなかったので楽しかったです。

海が荒れていたにも関わらず良いシュノーケリングスポットを選んでくれて良かったです。


ほぼ荷物なしで参加できた

シュノーケリングに関係する用品を全て用意してくれていたので楽でした。

特に初めてで買い揃えるのはハードルが高いので、ツアーに参加して良かったなと思いました。

戻ってきてからシャワールームや更衣室が使えたのもありがたかったです。

『青の洞窟+シュノーケリングツアー』に参加した感想まとめ

青の洞窟+シュノーケリングツアー』の内容、参加した感想をまとめておきます。

内容
・川平湾までドライブ
・米子焼き工房
・ジャングルから青の洞窟
・鍾乳洞探検
・遠浅ビーチでシュノーケリング
・滝つぼダイブ

注意点
・水中カメラは自前で用意してもいい

良かった点
・スタッフが素晴らしい
・初心者でもシュノーケリングが楽しめる
・ほぼ荷物なしで参加できる

僕はこのシュノーケリングツアーをきっかけに海に行く機会が増えました。

非常に楽しい内容なのでシュノーケリングを検討している方にはおすすめのツアーです。

オールブルーのシュノーケリングツアーはこちら