想通貨リップルの今後の投資方法についてお話します。

ちょうど去年の今頃は仮想通貨の話題があちこちに飛びまくっていて、「大学生が数千万円儲けた」だとか「億り人続出」など、聞いていて正直うらやましい声が多かったですね。

その傍らで僕は40万円ちょっとの利益で、なかなかにしょぼいのですが、これが現実です。

今は仮想通貨の話題を聞くこともかなり減りましたが、そんな状態だからこそ、次に沸き立つ瞬間に向けて「リップル投資の準備をしましょう」というのが本記事の内容です。

「仮想通貨には全く興味ないしお金もうけには全然興味ありません」、または今度こそ「億り人になってやる」という人には役立たない内容ですが

・仮想通貨の投資で5年後の生活をラクにしたい
・リップルについて知りたい
・仮想通貨の投資方法を参考にしたい

という人には役に立つかと思いますのでご参考ください。

※仮想通貨投資は損失を被るリスクがあります。取引の判断は自己責任でお願いします。

リップル(ripple)とは

仮想通貨と一口に言ってもかなりの種類があり、現在では1000種類以上と言われています。

その数ある中から僕がオススメしているのが「リップル(ripple)」です。

リップルについてものすごく詳しく書いてくれている記事がこちら。

リップルとは|仮想通貨?儲かるのか?by BK

僕が長々とリップルについて説明するより、BKさんがイラストつきで超絶分かりやすく解説してくれています。

それ以外の人もリップルについて説明してくれている記事はありますが、一番理解しやすくイメージしやすいのでこちらの記事を引用させてもらいました。

仮想通貨投資でリップルがオススメな理由

なぜ数ある仮想通貨の中からリップルをオススメしているのかというと、仮想通貨の中でリップルが一番普及するイメージが持てたからです。

リップルが今後広まることで実現する世界を簡単に説明しておくと、

世界規模:世界の通貨がリップルを使って高速かつ低コストでやりとりができる
日本規模:クレジットからスーパーのポイントなどをリップルを介して全てやりとりができる

こういった世界が実現できます。

今だと色んな会社でマイルやポイントなどがバラバラにあると思いますが、こういった通貨に近いものをリップルを介して利用できるようになります。

詳しいことは紹介した記事を読んでみてください。全部書いてますよ。

仮想通貨で投資する際に見ておきたいポイントがありまして、その仮想通貨が廃止にならないことです。

廃止されちゃうと全てが水の泡なので。

そういった観点で見ていくと、安全面、現段階の取引量、長年使っていけるシステム、といったことを見ていく必要がありますが、その条件をクリアしているのがリップルです。

あくまで一個人の見解ではありますが、気になる人は深くリップルを調べてみてください。

他の仮想通貨と比較すると色々と面白いですよ。

リップルの投資方法

「投資」と聞くと難しいイメージがあるかもしれませんが、僕が紹介する方法はものすごく簡単な積立貯金のような投資方法なので誰でも取り組むことができますよ。

リップルの価格が上がる仕組み

仮想通貨というものを理解しようとするとなかなか大変です。

ここでは「リップル」という商品の価格が上がる仕組みだけ理解しておきましょう。 

基本的に物の価格が上がる仕組みと同じで、ほしい人が増えると価格が上がります。

上の図を見てもらうとわかるようにほしい人が増えると希少価値が高まり価格が上がります。

オークションをイメージしてもらうと分かりやすいかと。

つまりリップルの価格が上がるというのは、世の中の人が

・リップル使うと便利そうだからほしい
・リップルを広めてもっと良い世の中にしたい
・リップルの価格が上がりそうだから安いうちにほしい

という気持ちを抱いてリップルを手に入れよう(買おう)とするからです。

リップルをほしいという人が増えれば増えるほどリップルの価値(価格)は高くなるのです。

安くで買って高い価格で売ればもうかりますよね。

これが投資の大原則でして、リップルの投資でも同じです。

リップルの投資ならドルコスト平均法がオススメ

今回僕がお伝えするリップルの投資方法は「ドルコスト平均法」と言います。

初めて聞く人からすると「なんだそれ?」と思うかもしれませんが、簡単に言ってしまえば毎月同じ金額を貯金していく積立貯金とほぼ同じです。

例えば、毎月1万円と決めたとすると、毎月1万円ずつリップルを購入していくのです。

6月1日に1万円、7月1日に1万円、8月1日に1万円、とただ決まった金額分を買っていくだけです。

こんなので本当にリップルの投資で儲けることができるのか疑問に思うことでしょう。

実はこのドルコスト平均法というのは長く続けば続くほど負けない投資方法になります。

上の表では毎月1万円ずつ10年間投資したときのシュミレーションを載せています。

10年間で毎月1万円ずつ投資すると合計で120万円の投資、そして価格が10年間で半値になったと仮定しています。

一気に120万円を投資している場合ですと、投資金も半値の60万円まで下がってしまいますが、ドルコスト平均法を使っていると139万円で逆に増えています。

これ以外にもいくつか価格が下がったときのパターンを載せておきます。

見ていただくと分かる通り、基本的にはどんな価格の下げパターンにも対応できるようになっています。

このため、長く投資していく場合にこのドルコスト平均法はかなり強力な投資方法になります。

しかも毎月同じ金額で買うだけなので、難しいチャートを分析する必要はありません。

プロの投資家であれば、日々成果を出すことを求められますが、一般の個人運用であれば成果を求められているわけではないので、ゆっくり確実に成果を出す手法を使えるのです。

特にリップルに関して言えば、過去の値動きを見たところ、あるとき価格が10倍ぐらいに跳ね上がって、そこからじわじわ下がり、またいきなり跳ね上がるという動きが連続しています。

ですので、狙いを定めて一気に投資するのではなく、毎月少しずつ無理のない範囲で投資できるドルコスト平均法が向いているのです。

僕自身は、会社員の給料から毎月7~8円ほど貯金に回せているので、そのお金のうち3万円をリップルの投資に回していきます。

10年間投資し続けるかは正直分かりませんが、リップルの価格が大きく跳ね上がったタイミングで利益を確定して、好きな旅行代に使おうかと考えています。

この記事を読んで、儲かりそうだから一気に買うという投資方法はあまりオススメしないので、リップルの投資はコツコツと毎月定額で買っていきましょう。

リップルの取引におすすめの仮想通貨取引所

最後にリップルの購入するための仮想通貨取引所のお話をします。

リップルを購入するには仮想通貨取引所に口座を開設する必要があります。

仮想通貨の取引所も数種類あるのですが、今回はリップルの取引をするのにオススメの仮想通貨取引所をご紹介します。

ビットバンク(bitbank.cc)

リップルの購入をするのであれば一番オススメは「ビットバンク(bitbank.cc)」になります。

リップルの取引手数料が今だとキャンペーンで無料です。

他の仮想通貨取引所でリップルを購入する場合3%ほど手数料を取られることが多いので、ビットバンクの手数料無料はかなりお得です。

1万円の3%だと300円ぐらいなのであまり気にならないかもしれませんが、毎月積立をしていると大きな金額になってきます。

あと手数料以外にもメリットがあって、今年に入ってから仮想通貨のセキュリティ面の強化が重要視されてきました。

仮想通貨はハッカーに狙われることもあり、へたすれば全て取られることもあります。

それだけにセキュリティは重要ポイントですが、ビットバンクは業界でもかなり強力なセキュリティ設定になっています。

今後はどこの仮想通貨取引所もセキュリティを一層強化するとは思いますが、現段階で行き届いているのは長くリップルの投資をしていくうえでは安心です。

ビットバンクについては「リップルの取引はビットバンク(bitbank.cc)がオススメ!メリットデメリットを解説」で詳しく書いています。

仮想通貨の取引に関しては、本人情報(名前や住所など)を登録した後に本人確認のために住所にはがきが送られてきます。

そのはがきを受け取ってようやく取引ができるようになります。

はがき自体はビットバンクに本人情報を登録してから1週間以内に届きます。

まずは口座を開設して登録を進めましょう。

ビットバンクの口座開設からリップルの取引の方法に関しては「初心者でも安心!ビットバンクの口座開設から取引の方法を画像つきで解説」で紹介しています。

まとめ

リップルの投資イメージは湧きましたか?

記事の内容をまとめておきます。

・リップルは長い目で投資するのにうってつけの仮想通貨
・リップルの投資はドルコスト平均法が良い
・リップルを取引するならbitbankがオススメ

仮想通貨自体は今は沈静化していますが今後注目が集まることも多いと思うので、ぜひ今のうちから準備しておきましょう。

※仮想通貨投資は損失を被るリスクがあります。取引の判断は自己責任でお願いします。