崎県佐世保にある『お宿TSURUYA』に一人旅で宿泊してきました。

全国チェーンホテルではない、地元に密着してそうな宿としてTSURUYAを選びました。

リノベーションされておしゃれな館内でありつつ落ち着ける宿でした。そして女将さんが明るくて元気。

この記事では、TSURUYAに宿泊した内容をブログとしてまとめたのでご参考ください。

※2022年8月下旬に宿泊した内容です。

お宿TSURUYAの特徴

TSURUYAの特徴は下記の通り。

・女将さんが元気
・地元のお店と連携している
・2021年7月にリノベして館内全体がきれい
・ゲストハウスのような旅館
・トイレやバスシャワールームが共用

リノベーションされてから1年ほどしか経っておらず、旅館の雰囲気を残しつつおしゃれな空間でした。

きれいめな古民家カフェが好きな方だと喜びそうな宿です。

また女将さんが元気で色々と佐世保について教えてくれます。

宿への行き方

TSURUYAへ行くときは佐世保駅からタクシーか車、最寄りのバス停から徒歩になります。

【佐世保駅から】
・タクシーか車で約6分
・西肥バスで谷郷町下車後、徒歩約3分

【中佐世保駅】
・徒歩約10分

詳しいアクセス情報は公式サイトをご確認ください。

駐車場は3台分なので事前に連絡しておくのが良いです。

TSURUYAに宿泊

TSURUYAに宿泊した様子を写真といっしょに紹介していきます。

1人で朝食付きセミダブルの部屋(松に鶴)に1泊しました。部屋はリノベされてきれいでありながら落ち着いた空間でした。

料金は7600円で、佐世保のビジネスホテルと同じかもう少し高いぐらいなので値段で選ぶというより、アットホームな雰囲気を楽しみたい方向けです。

ホテルにチェックイン

宿には車で向かいました。駐車場は3台までとのことなので事前に電話しておきました。

大きな通りから脇道に入り、細い坂道を上ると着きました。

TSURUYAの外観

宿の外観としては旅館のような感じ。60年ほど続く旅館を改装していて古さは全く感じません。

TSURUYAの入口

入口の鶴のロゴマークも可愛くておしゃれ。中に入りたいと思います。

宿入口からの見え方

中に入るとラウンジがありました。カフェのような造りできれいでおしゃれです。

女将さんが中から現れてチェックインしました。

お風呂やシャワールームの使い方、門限など、の説明があり、近隣のご飯どころなども教えてくれました。

2階への階段

客室は全て2階にあり案内されました。

元が老舗旅館だけあって少し懐かしい感じの階段です。

セミダブルの部屋

今回宿泊するのが『松に鶴』というセミダブルのお部屋。201号室で角部屋でした。

それでは中に入りたいと思います。

部屋のベッド①

部屋のベッド②

リノベーションされつつ昔の旅館の雰囲気が残されていて、落ち着いた部屋です。

枕元にはコンセントもあるのでスマホ充電も可能。

ベッドの寝心地が良かったのですがどこのベッドだったんだろう?

部屋の洗面台や作業机

洗面台やテレビ、作業机もあります。

冷蔵庫、空気清浄機、ティファール、ドライヤー、バスタオル、アメニティ、パジャマ、など一通りそろっている感じ。

冷暖房はAI機能がついていたりと多分かなり新しいもの。wifiも速度が速くて快適です。

スタイリッシュな洗面台

洗面台は自動で水が出るタイプ。スタイリッシュでおしゃれ。

部屋のアメニティ類

ハンドソープやローションなど、僕は使いませんが女性には良いかもしれません。

部屋の鶴の絵

入口横には鶴の絵が飾られていました(光が反射して見えませんが)。

運営が女性だからか細やかな気配りですね。

部屋のちゃぶ台

ちゃぶ台がありうまく活用できると良い写真が撮れそう。

部屋からの眺め①

部屋からの眺め②

障子を開けると外も良く見えます。少し高いところにあるからですね。(2枚目は朝撮った写真)

12.4㎡と書かれていたので部屋はもっと狭く感じるかと思いましたが、十分な広さですね。お風呂やトイレが部屋内じゃないから広く感じるんでしょう。

部屋はセンス良く改装されていて、くつろげて落ち着ける空間になっていて良いです。

館内施設

部屋前の廊下

部屋を出たところの廊下。昔の雰囲気を残しつつおしゃれに仕上げています。

廊下の突き当たりを右に進むとトイレがあります。

トイレの手洗い場

トイレの中

トイレは2つあり男女共用。観葉植物がありました。もう1つのトイレは生けた植物だった気がします。

きれいに掃除されているので共用であることが気にならなければ、十分でしょう。

階段横の古い電話

階段の降り口にはとても古い電話が置いてます。初めて見ました。

お風呂前の廊下

1階に降りて左側の突き当たりがお風呂です。

TSURUYAオリジナルTシャツがかかっていました。

シャワールーム①

シャワールーム②

シャワールームも改装されていてきれい。内側から鍵をかけれて、脱衣所とシャワースペースが分かれています。

シャワーも新しくて使いやすかったです。シャンプーやボディーソープも置いてあり使えます。

お風呂場も隣にあるのですが、シャワーで済ませたので中を見てません。

ゲストラウンジ五円①

ゲストラウンジ五円②

入口すぐ横の『ラウンジ五円』は朝食や夕食を食べるときや、それ以外の時間でもくつろぎスペースとして使えます。

近隣の方がこちらのスペースを使うこともあるよう。地域の方との交流などもできそうですね。

ラウンジの炊事場

ラウンジ奥のスペースで朝食なども作っているとのことでした。

佐世保や長崎の旅雑誌も置いていたのでこちらのラウンジで読んでました。

朝食

朝食はラウンジでいただきます。チェックイン時に食べる時間を伝えておくと、その時間に合わせて用意してくれます。

朝食

今回はセールプランだったため通常より品数が少ない朝食ですが、佐世保で食べ歩きしたかったのでちょうど良かったです。

長崎産のお米やいりこダシを使ったお味噌汁など地元食材で作られていておいしいです。

サラダにかかっているドレッシングもビーツのドレッシングで珍しいですね。

前日に女将さんに聞いた居酒屋『MARU』に行った話をしたら、オーナーからも女将さんに連絡があったとのことでした。

他にも佐世保について聞くと色々教えてくれました(たまに長崎弁になり聞き取れませんでしたが)。

チェックアウト後の記念撮影

宿を出るときにも記念に写真を撮ってくれました。

宿周辺の観光

宿周辺で観光できる場所も紹介しておきます。

・宮地嶽神社

宮地嶽神社の外観

朝起きて散歩がてらに行きましたが赤塗の神社でした。

宿からすぐのところにあります。


・佐世保キリスト教会

佐世保キリスト教会

佐世保中央公園の中にあります。周りに建物がない場所にあるので落ち着いていて良いです。

公園自体も桜の木がたくさん生えていたのでお花見シーズンはとてもきれいだと思います。


・佐世保アーケード

佐世保アーケード

画像は駅側から撮ったものですが、宿からだと出口側が近いです。

佐世保商店街は直線距離で約1kmの日本一長い商店街。

お店を見ながら歩いていくのも楽しいです。


そのほか車で行くのであれば、佐世保港、九十九島パールシーリゾート、弓張展望台、が割と近くに。ハウステンボスまでも約20分なので観光できるところが多くあります。

TSURUYAに宿泊した感想

TSURUYAに宿泊して気づいた注意点・良かった点を書いておきます。

注意点

・坂の上に宿がある

宿が小高い坂の上にあります。

徒歩だと階段か坂道を上って向かうことになるので、大きなスーツケースを持っていくときは注意です。

合わせて車で行く場合も細い坂道を上る(すれ違いは不可)ので、大型の車では行けないです。

その場合は坂道前のパーキング(有料)に停めることも検討するのが良いでしょう。


・部屋の防音が弱い

個人的に気になったこととして、部屋の防音設備が弱いです。

特に窓の防音が弱いため大通りの車の音や虫の音が結構気になります。耳栓があると良さそう。

他に宿泊してた方がもう1組だけだったためか、施設内の音は気になりませんでした。


・ロールカーテンがない

障子の部屋でしたがロールカーテンがついていないため、朝が陽の光で目が覚めます。

8月下旬とはいえ朝日が昇るのが早いので思っていたよりも早く目が覚めてしまいました。

夏場でもゆっくり寝たい方はアイマスクを持っていくのが良いでしょう。


・佐世保駅前からは少し離れる

飲み屋さんなどが佐世保駅に近い商店街周りに集中しています。

宿の位置がその逆側にあるので、飲んだ帰りに15分ぐらい歩くのは少しめんどうだなと感じました。

商店街が宿近くまで続いているので、夜道に関しては歩きやすいです。

良かった点

・女将さんが元気

宿の切り盛りを女将さん1人で行っていると思われますが、元気で明るいので接客として良かったです。

TSURUYAに泊まって一番印象に残っているのが女将さんが元気だったことですね。


・地域のおすすめの飲食店を教えてくれる

佐世保生まれの女将さんなのでさすがに地元に関して詳しいです。

ご自身でもよく行く店も教えてくれるので、地元民が選ぶ店というのが知れます。

実際に紹介してもらった居酒屋さんも長崎素材を使ったお店でおいしかったです。


・部屋がおしゃれで落ち着ける

60年の老舗旅館を改装しているのですが、柱や梁はそのまま残されていて古民家のような雰囲気があります。

リノベーションは2021年7月に行われているだけあってきれい。

部屋の作りもおしゃれだと感じました。

古くて良い部分と新しくするもののバランスがよく、とてもきれいな実家に泊まったような気分でした。


・水回りがきれい

水回り全般がきれいです。

リノベーションしても水回りは元の状態から変えられないといった宿も多いのですが、TSURUYAは洗面台、トイレ、お風呂と全てきれいでした。

女将さんが切り盛りしているからか女性にとって気になる点はしっかり綺麗にしているよう。

トイレも共用とは思えないぐらいしっかり掃除されていました。

まとめ

TSURUYAに宿泊した感想をまとめておきます。

【良かった点】
・女将さんが元気
・地域のおすすめの飲食店を教えてくれる
・部屋がおしゃれで落ち着ける
・水回りがきれい

【注意点】
・坂の上に宿がある
・部屋の防音が弱い
・ロールカーテンがない
・佐世保駅前からは少し離れる

総じてきれいで落ち着ける宿でした。地元の情報も知れて観光に来た感覚を味わえます。

個人的には防音とロールカーテンは設備でなんとかなるので、改善されるなら次回佐世保行った時も泊まりたいです。

ゲストハウスに泊まるのは抵抗あるけどアットホームな宿に泊まってみたい、という人には良いと思います。