然ですがあなたは家計簿をつけていますか?

家計簿ってつけ続けるのが難しいですよね。

いざ家計簿をつけようと意気込んでみても何日かするとめんどうになってやめてしまうという体験をあなたも一度はしたことがあるのではないでしょうか。

ただ、だからこそ、家計簿をつけ続けることの効果は大きいです。

特に会社員で将来のために貯金していきたいと考えている人は、家計簿なしでは貯金していくことは不可能に近いといっても過言ではありません。

かくいう僕自身も元々は家計簿をつけていませんでした。家計簿をつけていなかった頃は1年終わってみて10万円しか貯金できていないこともありました。

そこから家計簿をつける方法を身につけて最近では1年で100万円貯金できるようになりました。

別に年収が多いわけではなく年収350万円ほどのふつうの会社員です。

東京都で賃貸住宅に住んでいて手当などがでるわけでもありません。

それでも貯金ができるようになったのはやはり家計簿のおかげです。

そんなお金の貯まる家計簿のつけ方を今日はお話していきます。

貯金にはなぜ家計簿が良いのか?

家計簿をつけることで自分自身が毎月どんな項目にお金を使っているかを把握することができます。

逆に家計簿をつけていない人は食費や飲み代にいくらかかっているか把握しきれないので具体的にどの出費を減らせばいいのかが分からなくなってしまいます。

有り余るほど収入がある人であれば家計簿が多少ずさんでも貯金が増えていくとは思います。

でも毎月手取り20万円ぐらいの会社員ですと出費を把握しないことには貯金を増やしていくことはできません。

僕自身の例でいうと元々は手取りで30万円近くあり、今から考えれば1年間で100万円どころか200万円でも貯金できたことでしょう。

でも実際のところは年間50万円ほどしか貯金できていませんでした。

その当時はあまり気にしていなかったのですが、会社を辞めることを考えたときに自分の貯金を見直すと全然貯金できていなかったのです。

家計簿をつけていなかったので何にお金を使っていたのか明確には分かりませんが、おそらく大半が飲み代やご飯代に消えていたことでしょう。

今は収入が減って月の手取りは20万円ほどですが、それでも1年間に100万円ほど貯金ができています。

それを可能にしたのが家計簿です。

家計簿をつけないというのは貯金をすることに対して、何の戦略も立てずにいきあたりばったりで戦っているのと同じことです。

会社員の人が貯金をしていきたいなら家計簿を必ずつけましょう。

家計簿をつけたうえでの節約方法については「手取り20万円の生活は?会社員が毎月貯金するためにオススメの節約方法8選!」で紹介しているのでご興味あればどうぞ。

家計簿はざっくりつける

「家計簿とか面倒だなー」

と思うかもしれませんが意外とそんなことはありません。

僕も最初の頃はすごく細かく分けていたんですが、細かく分ける意味がないことに気づいてざっくりつけ始めたらラクになりました。

その結果4年間家計簿をつけ続けることに成功しています。

そして毎年貯金できている金額が少しずつ増えているのです。

せっかくなので僕の分けている項目をここでお伝えしておきましょう。

1.家代・・・家賃、引っ越したときにかかる敷金や引っ越し代など。
2.食費・・・自分1人で食べたときのご飯代やお菓子など。外食でも1人なら食費です。
3.交際費・・・誰かとご飯やカフェに行ったときは交際費です。会社の飲み会や婚活パーティーの参加費なども交際費です。
4.水光熱費・・・電気代、ガス代、水道代です。
5.通信費・・・携帯電話とインターネットのお金です。
6.交通費・・・電車やバスなどに移動にかかったお金です。
7.ファッション・・・服や散髪、女性なら化粧品とかも含みます。
8.娯楽費・・・旅行やマンガなどの趣味に使ったお金です。旅行に絡んだ飛行機代などもここに入れます。
9.日用品・・・タオルや歯ブラシ、ティッシュなど生活に使うお金です。
10.プレゼント・・・母の日やお土産など、誰かにプレゼントするときに使うお金です。
11.医療費・・・歯医者さんやコンタクトなどに使ったお金です。
12.結婚式・・・結婚式に参加した際のご祝儀や交通費をここに入れます。
13.お葬式・・・お葬式に参加した際の香典や交通費をここに入れます。

この13項目に分けています。ほとんどの人がこの13項目に当てはまる出費をしているのではないでしょうか。

あとは人によっては車を持っていたりだとか、生命保険を払っていたりだとか、子どもがいたりだとかで変わってきます。

車であれば、車費としてガソリンや車検代、ローンの支払い、タイヤ代などを入れると良いでしょう。

生命保険でも積立てで全額返ってくるものに関しては出費に加えなくてもいいですが、掛け捨て保険の場合は保険費としてつけておきましょう。

家計簿をつけるときは数字をざくっとつけることが大事です。

僕もあまり几帳面な性格ではないので、スーパーで買い物したときとかに1の桁とかは家計簿に記載しないことがあります。

例えば756円の食費とかだと切り上げて760円とかでつけちゃいます。

細かすぎる出費とかはどうしても思い出せなかったりもするかと思いますので、おおまかでもいいので家計簿をつけ続けるというのが大事です。

家計簿をつけ続けていれば自分が何の項目によくお金を使うのかが見えてきます。

それも数円とかではなくて、「明らかにこの項目使いすぎているよな」という項目が家計簿によって明らかになります。

なので、家計簿は細かくつけるよりもざっくりでいいのでつけ続けるということが大事なのです。

家計簿はスマホアプリでつけよう

家計簿をつけるときですが、手帳に手書きという方法もありますが、僕のオススメは断然スマホアプリです。

僕も最初は家計簿を手書きで試したのですが、どうしてもつけ忘れてしまうことが多かったり、見直すのが面倒だったりして続きませんでした。

それが家計簿のスマホアプリを試したところ、つけるのも楽ですし、見直すのも楽、しかも過去の家計簿がすぐに見れるので楽しくなりました。

かれこれ家計簿のスマホアプリは4年以上使っています。

スマホアプリが良い理由としてはいくつかあります。

・すぐに入力できる
・入力が楽
・家計簿を見直せる
・グラフにできて見やすい
・項目が簡単に分けれる

そのほかにも良い理由はありますがともかく使い勝手が良いということが挙げられます。

割とどこのスマホアプリでも家計簿をつけるうえで困ることはないと思いますが僕自身が使っているアプリを紹介しておきます。

それ以外のアプリでも正直大差がないのでどれでも大丈夫ですよ。

家計簿アプリ:おカネレコ

家計簿アプリとして『おカネレコ』というアプリを利用しています。

シンプルな操作で簡単に使えることと長年使っているので使い慣れているということもあり、4年以上使い続けています。

こんな画面です。

当然無料で使えますし、無料アプリ特有の広告が邪魔してくるということもないので安心して使えます。

どの家計簿アプリでもそうですが、円グラフ、カレンダー、年・月・日別の表示、収入の項目、などが入力できるようになっています。

年間の収支を見て現状の貯金がどれぐらいかということを確認もできますし、円グラフにして何の項目で多く出費しているのかもひと目でわかります。

過去の記録も残るので自分がどれだけ貯金がうまくなったかも見れるので、たまに見直して家計簿レベルのアップに成長を実感しています(笑)

家計簿をつけるなら断然スマホアプリがオススメです。

ぜひ一度おカネレコを使ってみてください。

僕の家計簿の例

最後に1年間で100万円貯めるモデルケースとして僕の1ヵ月の家計簿の内訳を公開します。

全ての人が同じように当てはまるわけではないと思いますが参考にはなるのではないかと思います。

まず、僕自身の状況から。

・東京都で単身賃貸住まいの30歳男性
・年収は350万円、毎月の手取り20万円、ボーナスが20万円で年2回
・彼女ありで外食は月4回程度

というような状況です。

次に家計簿の内訳です。

家代:6万円
食費:2万円
交際費:2万円
水光熱費:7000円
通信費:9000円
交通費:5000円
ファッション:3000円
娯楽:8000円
日用品:2000円
プレゼント:3000円
医療費:1000円

合計:13万8000円

衣類&ファッション、趣味&気晴らし、日用品、プレゼント、病院&医療費は毎月発生するものではないので年間でならした金額を入れています。

手取りが20万円なので、20万円-13万8000円=6万2000円
ほどが毎月貯金できます。

6万2000円×12ヶ月=74万4000円

ここに2回分のボーナス40万円が加わるので1年間で100万円以上の貯金ができます。

ここから結婚式などの出費などが入ってきますがおおよそ100万円以上は貯金ができています。

会社員で手取りが20万円ぐらいの人であれば僕のモデルケースを目指すと1年間で100万円ぐらいは貯金できます。

当然もっと収入が多い人であればもう少し楽に貯金できると思いますよ。

まとめ

まとめになりますが、会社員で貯金したい場合は、

・家計簿をつける
・ざっくりでいいので家計簿をつけ続ける
・スマホアプリを使って家計簿をつける
・月の支出をモデルケースを目指す

ということをやれば1年間で100万円貯金することはそう難しくありません。

家計簿をつけてあなたの出費で何が多いのか見極めてみてください。

ぜひ家計簿を活用してうまく貯金していきましょう。