金が苦手でなかなかお金が貯まらない。将来に向けて貯金しないといけないのは分かっているんだけど気づいたらお財布にも口座にもお金がない。貯金が苦手な人でもうまくできる貯金の貯め方を教えてほしい」

貯金を貯めるのって難しいですよね。

毎月、口座に貯金がないことを確認するたびに「来月こそは!」って思うんですけど、いざ次の月になってみたら飲み会やらでお金がなくなっている。

貯金がうまくできている友達にうまい貯金の貯め方とか聞けたらいいんですけど、お金のことだから友達に聞くのとかも遠慮しちゃいますし。

そういったあなたに向けてこの記事では貯金が苦手な人でもうまく貯められる貯金の貯め方についてお話します。

僕自身も数年前は貯金が苦手でいつも「なんでお金が貯まらないんだろう?」と悩んでいたのですが、ある方法を使ってから貯金を貯められるようになりました。

今では手取り20万円ほどですが毎年100万円ほど貯金できるようになりました。

貯金の貯め方について3分ほどで読めるのでお付き合いください。

貯金の貯め方

貯金の貯め方は大きく分けて2つあります。

・家計簿で管理して貯金を貯める方法
・給料から天引きして貯金を貯める方法

きっちり管理できる人は家計簿で管理して貯金を貯める方法をおすすめします。

ですが、ほとんどの人がなかなか家計簿で管理できません(友達で確認済み)。

ですのでどんな人でも確実に貯金を貯められる給料から天引きする方法をお伝えします。

「家計簿で管理できるよ」という人は『お金が貯まる家計簿のつけ方!1年で100万円貯めた家計簿のつけ方』をお読みください。

給料天引き(先引き)貯金

給料天引き貯金は名前の通りですが給料から天引きして貯金を貯める方法になります。

よく先取り貯金なんて言われますね。

方法は簡単です。

1.給料が入ってきたら貯金しようとしている金額を別の口座に移す。
2.残ったお金で1ヵ月生活する。
3.貯金口座には1年間手をつけない。


この方法はシンプルですが効果は大きいです。

というのもお金を移したら残ったお金で生活するしかないので。

仮に手取り20万円で毎月6万円貯金するとしたら使わない別の口座に6万円をすぐ移して、残りの14万円で家賃やら食費やらをまかなうという方法です。

これを1年間続けると72万円貯金ができます。

ボーナスが年2回、2か月分でる会社であれば1年間で100万円ほど貯まります。


毎月給料から天引きする金額は無理する必要はないですが、貯めたいと思っている金額に合わせて決めると良いです。

仮に1年間で60万円貯金したいのであれば、月に5万円を天引きすればいいでしょう。

ボーナスが出る会社に勤めているのであればもう少し毎月のペースを落とすということも可能です。

なぜ給料天引き貯金が良いの?

「天引きしようが残った分を貯金しようが給料は同じだから変わらないんじゃないですか?」

とあなたは思ったかもしれません。

なぜ天引き貯金が良いのかご説明します。


人は自分が想定している以上に甘い生き物です。

お金が残っていると思うと使ってしまうのが人間の性なのです。

あなたにも一度や二度は身に覚えがあるのではないでしょうか?

「貯金しようと思っていたけどセールをしていたから買っちゃった」

「飲み会に誘われてお金が残ってたからつい参加してしまった」

など、生活していると色々とお金を使う誘惑があります。

口座にお金が残っていると使えてしまうんですよね。


これに対して給料から天引きして貯金していると使いたくてもお金を使えないので出費が増えないのです。

そのため天引き貯金を徹底すると確実に貯金が貯まっていきます。

もちろん、天引きして残っている給料に関しては自由に使うことができるのでストレスもたまりません。

このため貯金をするなら給料天引き貯金することをおすすめしています。

給料天引き貯金の注意点

ここまで読んできて給料天引き貯金を使えば貯金を貯められるイメージが湧いたかと思います。

ですが、給料天引き貯金をするうえで注意点があります。

この注意点を守らないと給料天引き貯金でもうまくいきません。

注意点は以下の3点です。

1.クレジットカードを半年は使わない
2.貯金口座のキャッシュカードは持ち歩かない
3.給料天引きを自動化しておく

1つずつ説明していきます。

1.クレジットカードを半年は使わない

給料天引き貯金のときに注意したいのがクレジットカードの使用です。

本来クレジットカードはうまく使えば現金払いより圧倒的にお得なのでオススメしています。

スーパーで野菜や卵などを買ったりはどちらにしても必要なお金なのでクレジットカードを使ったほうがポイントが貯まりますからね。

ですが、貯金が苦手な人はクレジットカードで無茶な買い物をする傾向があります。

クレジットカードで払えばいったん手元にお金がなくても買えますからね。

特に気を付けたいのがリボ払いです。

分割払いにすると毎月の支払額が少なくなるのでお得になっている感覚になりますが、実際は金利がかかっていてかなり損しています。

リボ払いをしていて貯金がうまい人というのを見たことがありません。

現時点で貯金ができていない人はクレジットカードを半年は使わないようにしてみてください。

思いのほかスムーズに貯金が貯まることに驚くと思いますよ。

半年経って、無茶な買い物をしなくなってきたら必要な買い物に対してクレジットカードを使っていきましょう。

本来であればクレジットカードを活用したほうが同じ金額でポイントが貯まって明らかにお得なので。

2.貯金口座のキャッシュカードは持ち歩かない

貯金に使っている銀行口座のキャッシュカードは財布に入れないようにしましょう。

理想は1年間、両親などに渡しておくのが良いですがとりあえずすぐに使える状態にしないことです。

お財布に入っているといざというときに使えてしまうので、せっかく分けている意味がなくなってしまいます。

給料天引きしたお金がいくらあるのか分からないぐらいのほうがうまくいきます。

人の意志は思っている以上に弱いので使える状態になっていると使ってしまう恐れがあります。

そうしないためにも貯金口座のキャッシュカードは持ち歩かずに家の引き出しなどにしまっておきましょう。

1年後に金額を確認した時には天引きしてきた金額通り貯金が貯まっていますよ。

3.給料天引きを自動化しておく

給料の天引きは自動化しておきましょう。

というのも先ほどご説明した通り貯金口座のキャッシュカードを持ち歩かないようにしたいので。

ネット銀行から振込という方法もありますが、それだと心の弱さから振り込まない月が出てくる可能性があります。

そこでオススメなのが給料天引きの自動化です。

給料が振り込まれる銀行から自動で貯金用口座にお金が移行されるようにしましょう。

この方法を使う場合には定額自動入金か自動振り込みというサービスを使います。

このサービスを使うと毎月の決まった日に自動でお金を移行することができます。

ただし自動振り込みだと毎月手数料がかかってしまうのでおすすめは定額自動入金です。

定額自動入金サービスは使える銀行が限られているものの、指定した銀行から毎月決まった金額が入金されます。

定額自動入金サービスの使い方は簡単で一度設定したらあとは変更しない限り毎月天引きしてくれます。

その際に手数料などはかかりません。

ですので、無料で給料天引き貯金を自動ですることができます。

定額自動入金サービスが使えるネット銀行に関しては、『給料天引き貯金なら定額自動入金!無料で使えるおすすめのネット銀行を紹介』の記事で紹介しているのでご参考ください。

まとめ

貯金を貯めるのが苦手な人は今回の記事で紹介したように給料天引き貯金を活用しましょう。

その際には

1.クレジットカードを半年は使わない
2.貯金口座のキャッシュカードは持ち歩かない
3.給料天引きを自動化しておく

このルールを徹底すればおのずと貯金が貯まっていきますよ。ぜひ給料天引き貯金を活用して確実に貯金を増やしましょう。

全体的な節約方法に関しては『手取り20万円の生活は?会社員が毎月貯金するためにオススメの節約方法8選!』に書いています。

貯金をより加速させることができるので一度読んでみてください。