FXでは損切りが大切と聞くけどなかなかうまく損切りができない。すでに損切りできなくて何度も大きな損失をくらって正直きつい。FXで損切りをうまくする方法ってないのかな?」

こんな悩みに本記事でお答えします。

・なぜ損切りは必要?
・損切りができない理由
・利益に変える損切り方法

FXにおいて損切りの必要性はどんな書籍やブログで読んでも書かれています。

損切りさえうまくできればそれだけでFXは勝てるという人もいるぐらいFXでは損切りが重要です。

ですが、『FXで損切りができない』という人は多く、たいていは負けています。

僕自身も損切りができなくてFXで勝てない時期がありました。

この記事ではFXでうまく損切りできないあなたでも簡単にでき、なおかつ利益に変える損切り方法を紹介しているので参考にしてみてください。

本記事と合わせて『【FXの勉強法】下手に勉強するならこの本だけ読もう!【損しないために】』の記事もどうぞ。

記事で紹介している内容のベースになる本を紹介しているので参考になるかと思います。

なぜFXにおいて損切りは必要?

損切りが必要な理由は明確でして、トータルで利益を出すために必要です。

損切りとは

損切りとは一定の損失に達した段階で確定させることですが、損失を確定させない場合、さらに損失が拡大する可能性が高まります。

FXでは一定方向に上昇や下落が進む傾向があるため、損失をどこかで確定させないとひたすら損失が増えるということが起こります。

特に人の心理として、利益は小さくても確定して損失はぎりぎりまで引き延ばそうとする性質があります。

これをプロスペクト理論と言いまして、詳しく知りたい方はgoogleで『プロスペクト理論』で検索してみてください。詳細に説明したページがわんさか出てきます。

損切りとはプロスペクト理論に逆らい損失を一定に留めるための投資手法なのです。

FXでは勝率が高くても損切りできないと負ける

利益は小さく、損失は大きく・・・こうなるとFXで勝てないのは目に見えて明らかですよね。

「待てよ。勝率が異常に高ければ損切りしなくてもFXで勝てるんじゃないか?」

そう思う人もいるかもしれませんが、オススメはしません。

例えば勝率90%で1回の利益が1000円とします。この場合、損失がある期間も我慢してなんとか利益化したときに確定するという投資手法になることでしょう。

ですが、残り10%で1万円の損失が出ればFXでは負けてしまうのです。

こらえてこらえて小さい利益を重ねても一回の損失で全て吹き飛んでしまう。これを投資の世界では『コツコツドカン』と言います。

「勝率を高くすれば損切りできなくても勝てるんじゃ・・・」と僕も何度となく考えましたが、そのたびにコツコツドカンをくらい布団の上でのたうちまわっていました。

それまで積み上げていた利益を全て吹き飛ばされるとプラスマイナスゼロだったとしても気持ちがめげちゃいます。

FXでは勝率が高いとしても損切りができないと負けてしまうのです。

例外として損切りを一切しないという投資方法もあります。

僕自身も今運用中の「トルコリラの安定運用!下落続きのトルコリラで利益を出すための運用方法」という方法でして興味があれば一度読んでみてください。

例外はあるものの、基本的には損切りで損失を確定しないとFXで勝つことは難しいですね。

損切りができない人に共通していること

FXで損切りできない人に共通していることとして、損切り設定をしていないということが挙げられます。

なぜ損切り設定をしていないのか?

これは僕も経験済みなのでよく分かります。

最初は、損切りの設定方法がそもそも分からないという問題でした。

問題を解決するために本やブログなどを読んで、損切り設定の方法を知りました。

そうすると次に出てきた問題が『損切りしてもFXで勝てない』という問題です。

実はこちらが深刻でして、適切な損切りタイミングというのが分かっていなかったのです。

損切りは設定するけど、損切りの損失ばかり増えていき最終的な利益が全く増えませんでした。

これを『損切り貧乏』と言います。(変な用語ばかりですよね)

損切りはできているけど、著しく勝率が低いうえに1回の利益が低いと、この損切り貧乏に陥ります。

FXで損切り貧乏を味わうと、「損切り設定しないほうがいいんじゃないか?」という恐ろしい思考になり、大負けしてFX自体を辞めるという流れができあがります。

FXで勝ちたいのであれば損切り設定は必ずしましょう。

損切りしやすくするコツ

FXで損切りしやすくするコツですが、『取引金額を損失の許容範囲まで下げること』です。

これは意外と見落としがちではあるのですが、効果は高いです。

例えばですが、あなたの貯金が100万円、手取り給料は20万円だとします。

もしFXで一度に20万円の損失を受けるとしたらどうですか?

正直気が気じゃないですよね。1か月分の給料ですし、貯金の20%なので。

では、状況が変わってあなたの貯金が1億円、手取り給料は2000万円で、一度に20万円の損失を受けるとしたらどうですか?

嫌といえば嫌ですけど、仕方ないかぐらいの軽い気持ちでいれるかと思います。

その人の資産状況や稼ぎによって損失の許容範囲というのは大きく変わります。

あなたがFXで1万円までなら損失に耐えられるというのであれば、それに見合った取引金額まで下げてみましょう。

「この損失やばいよ」と感じてしまうと損切りするのは難しくなります。

「嫌だけど、これぐらいは仕方ないか」と思える損失額になるように取引額をコントロールするだけで、一気に損切りに対する抵抗が減ります。

損切りできていない人は取引金額を一度下げてみましょう。

取引金額のコントロールにに関しては「資金管理で大損回避!FXで大損から身を守るたった1つの方法」でも書いていますので良ければご参考ください。

利益に変える損切り方法

それではいよいよFXで損切りできない人でも使いこなせる利益に変える損切り方法を実際のチャートを使ってお話します。

損切り設定にはチャートのテクニカル設定で一番有名な移動平均線を使います。

損切り方法の設定

まず設定を合わせておきましょう。

扱う通貨:ドル円
取引期間:日足
移動平均線:20日のみ

売買タイミング:移動平均線の上であれば買い、下であれば売り
損切りタイミング:移動平均線の逆側にいったら損切り

会社員の方であれば上の設定にしておきましょう。

通貨によって多少設定は変えたほうがいいですが、最初のうちは一番扱いやすいドル円で取引していきましょう。

移動平均線の日数を20日にしているのはFXで一番オーソドックスだからです。

21日が良いとか25日が良いとか色々あると思いますがそこまで大きな差はありません。

上の設定を直近のチャートで表すと以下の画面

移動平均線を軸に上にいったり下にいったりしていますよね。

いくつか分かりやすい例を挙げておきます。

買ったけどすぐに損切りになった例

このパターン結構あります。

買ったらすぐに下がって損切り、下がったから売ったらすぐに損切り、といったイラッとするチャートですね。

とはいえ、リアルタイムだとどう動くかを読むことはできないのでおとなしく損切りしておきましょう。

次に買ってからしばらく経って確定する例

これはうまくいったパターンです。

買ったあとにぐいぐい価格が上昇して移動平均線を下回ったタイミングではがっつり利益が出ている状態です。

こういった利益が増えると小さい損切りを何回かくらっても全然へっちゃらです。

投資のプロの方や書籍などでは損切り設定の方法をもう少し細かく設定するようなことが書いてあるのですが、忙しい会社員が細かい設定する時間は正直ないので、今回紹介している方法でいいのかなと。

使えない損切り方法よりも、単純に使いこなせる損切り方法の方が有用かと思いますので。

この損切りの方法は利益をがっつり取ることにつながるので、めちゃ有効です。

損切りを考えていたはずなのに、気づけば大きな利益につながっています。

この設定は重要なので再度記載しておきます。

売買タイミング:移動平均線の上であれば買い、下であれば売り
損切りタイミング:移動平均線の逆側にいったら損切り

損切り設定の注意点

この損切り方法を使うにあたって注意点がありまして、それは途中で設定を変更しないということです。

例えば、日足で見て買ったのに売るタイミングで週足や4時間足に変えたりしないということです。

他にも移動平均線を20日で設定して買ったのに、途中で移動平均線の60日にしたりしちゃだめです。

それすると損切りできないですし、負けるパターンです。

一回取引を始めたら、その取引が終わるまでは同じ設定で完了させてください。

あと設定をコロコロ変えるのはオススメしません。

これ僕もやったことがありますが、設定をコロコロ変えたときは間違いなく負けます。

同じ設定で取引を続けることでクセや傾向が掴めてくるので。

設定をコロコロ変えるのは職を転々とするのと似てまして、スキルが身につかないです。

一度決めた設定は最低3ヶ月、できれば1年は続けてみましょう。

まずはご紹介した設定でやるのが良いかと。

今回紹介している損切り設定の方法と合わせて『会社員のためのFX投資法!1日10分で着実に利益を出し続けるための手法』の投資法を確認してみください。

より理解が深まると思いますよ。

まとめ

損切りについてまとめておきます。

・損切りは損失を拡大させないために必要
・損切りしやすい金額で取引する
・損切り設定はシンプルな方法で

今回の方法をマスターするだけでぐっと安定したFXの取引ができるようになるのでご参考ください。


もしあなたが今日の記事を読んで「FXで副収入を稼ぎたい」という気持ちがあるのでれば、『大衆心理を利用して利益を上げる!維新流トレード術』こちらの書籍を読むことをオススメします。

『大衆心理を利用して利益を上げる!維新流トレード術』はシンプルですがFXを我流でやっている人からすれば目から鱗の内容が書かれています。

こちらの書籍を読めば他のFX投資の本は読まなくて良いレベルの内容になっています。

にわか仕込みでFX投資をして損するぐらいであれば、まずは先にこちらの本に目を通したほうがトータルで見て得します。

しかも、今はキャンペーン期間中で本体価格が無料になっています。

ぜひこの機会に確認してみてください。