FXを始めようと思うんだけど、資金はどれぐらい必要なのかな?給料以外でもFXで稼ぎたいけどあまりに資金が必要だと難しいかも。資金がいくら必要なのか知りたい」

こういった悩みに本記事でお答えします。

あなたが会社員であれば毎月安定した給料がもらえるので貯金はあるかと思います。

ですが、そこからどれだけの資金をFXに使うのかは気になるところですよね。

本記事では会社員がFXを始めるにあたっていくらの資金が必要かについて書いていきます。

今回の読者の前提として、『貯金100万~700万円の会社員』で想定しています。

「すでに資産5000万円ありますよ」みたいな人にはあまり参考にならないので、そっとページを閉じるか、『【FXの勉強法】下手に勉強するならこの本だけ読もう!【損しないために】』の記事をご覧ください。

FXの資金は最低30万円

結論になりますが、最低30万円を準備しましょう。

これより少ないと利益が出ても大した額にならならいためです。

年間の目標利益は高くて20%

会社員がFXの利益の目標を置くとしたら年間20%が限度です。

高い目標を置くなと言ってるわけではなく、会社勤めしながらだと年間20%の利益はかなり高いほうです。

株式投資で世界ナンバーワンのウォーレンバフェットさんで年間利益はおよそ15~20%です。

それぐらい投資の世界で利益を挙げるのは難しいです。

会社勤めの片手間のFXで年間20%の利益を出せたらとても優秀な成績です。

ツイッターとかを見ていると、「FXで3ヶ月で資金を3倍にした」といったようなツイートをあなたは見たことがあるかもしれません。

確かにFXでうまくいけば3ヶ月で3倍というのは決して不可能ではありません。

ただし、それはずっと続くものではなく一過性、まぐれ当たりです。

会社員の方がFXで狙う年間の目標利益は高くて20%とみておきましょう。


具体的なFXの投資法に関しては『会社員のためのFX投資法!1日10分で着実に利益を出し続けるための手法』をご覧ください。

忙しい会社員のあなたでも1日10分のチェックで利益をあげるための投資法についてご紹介しています。

仮に年間20%の目標利益が達成できたら

FXの資金30万円の人が年間20%の目標利益を達成できた場合、6万円の利益です。

1ヵ月に換算すると月5000円ですね。

月5000円だと服を買ったり、ちょっとした趣味とかに使えますね。

もしこの資金が半分の15万円とかだと、年間で3万円の利益です。

1ヵ月に換算すると月2500円です。

月2500円だと月に1回だけ良いランチを食べれるぐらいです。

会社員で手取り20万~30万円の方が月2500円のためにFXを頑張るのはしんどいのかなと。

月5000円が毎月であれば嬉しいと感じる人が多いのではないでしょうか。

僕も同じような立場の会社員ですが、月5000円はありがたい収入ではあります。

コスパ的な考えからFXの資金は30万円は用意しましょう。

FX初心者は資金30万円で3ヶ月試そう

「コスパで考えると資金は多いほどいいんじゃない?」と考えるかもしれませんが、最初のうちは資金30万円で3ヶ月試してみましょう。

というのも、FXは利益が出て当たり前ではなく、普通に損失が出る世界だからです。

FXは損するのが一番コスパが悪い

会社の仕事であれば一定の時間働いていれば給料がもらえますし、残業すれば残業代ももらえます。

時間をかけた分だけお金がもらえますよね。

FXは時間をかけても確実に利益が出るとは限りません。

1ヵ月にFXの勉強を60時間(1日2時間×30日)したとしても損失が出ることは十分あり得ます。

FXにおいて損するのが一番コスパが悪いです。

なんせ60時間タダ働き以下ですからね、精神的にもきっついですよ。

とはいえ、どれだけ分析して勉強してFXに取り組んでも負けるときは負けます。

FXの投資において100%勝つなんてのはあり得ないので負けて当然ぐらいに考えておくと気持ちがラクです。(本当に負けまくるのはダメですよ)

3ヶ月はFXの練習期間

FX初心者の人は最初の3ヶ月をFXの練習期間として捉えましょう。

例えば会社で入社したての頃や新しい部署に配属されたばかりでいきなり仕事の成果は出ないですよね。

3ヶ月ぐらい仕事の方法を覚えて取引先やチームとの連携を少しずつ覚えてきて、ちょっと仕事っぽくなってきたかな、ぐらいの時期だと思います。

これはFXであっても同じことで始めて最初の3ヶ月はFXを少しずつ覚えて慣れていく時期です。

しかも仕事と違って会社勤めの片手間でやっていることなので、会社の仕事より身に付くのが遅くて当然です。

FX初心者の人は最初の3ヶ月で慣れるための期間としていきましょう。

資金が多いと損失の額も大きくなる

一番FXに慣れていない時期に資金を多くしてしまうと損失の額も大きくなってしまいます。

なので、最初の3ヶ月は貯金があって100万円とか資金がある人でもいったんは30万円の資金で練習するのがいいかと。

この3ヶ月でテスト&エラーを繰り返してFXの投資方法を身に付けていくとラクになります。

「3ヶ月も練習繰り返すのはかったるい」

その気持ちはよく分かります。僕もそうでした。

そして最初からFXを100万円の資金で運用していました。

最初の3ヶ月は月8万円とかの利益が毎月出ていました。

「FX楽勝だな」と調子に乗っていたのを今でも覚えています。まぐれで勝っていただけなんですけどね。

その後、ちょいマイナスになる時期がきて、今までの利益以上にマイナスになる月がありました。

こういったマイナスを大きい資金でくらうとメンタルにも響きますし、純粋にお金も減ります。

僕自身、そんな甘くないということを知っていれば、資金30万円で最初のうちは運用していたと思います。

最初のうちは30万円の資金で3ヶ月試してみましょう。その段階でコツがつかめれば徐々に資金を増やすのはアリです。

もし3ヶ月投資してみてうまくいってないのであれば、もうしばらく同じ資金で続けましょう。

会社員のFX投資であれば給料で生活できるので無理する必要が全くありません。

資金30万円でFXに慣れていきましょう。

まとめ

本記事のまとめです。

・FX初心者は30万円の資金で運用しよう
・会社員であれば3ヶ月は30万円の資金で運用しよう

会社員の方であれば無理はしなくてもいいのでゆっくりFXで稼げるようにがんばっていきましょう。


もしあなたが今日の記事を読んで「FXで副収入を稼ぎたい」という気持ちがあるのでれば、『大衆心理を利用して利益を上げる!維新流トレード術』こちらの書籍を読むことをオススメします。

『大衆心理を利用して利益を上げる!維新流トレード術』はシンプルですがFXを我流でやっている人からすれば目から鱗の内容が書かれています。

こちらの書籍を読めば他のFX投資の本は読まなくて良いレベルの内容になっています。

にわか仕込みでFX投資をして損するぐらいであれば、まずは先にこちらの本に目を通したほうがトータルで見て得します。

しかも、今はキャンペーン期間中で本体価格が無料になっています。

ぜひこの機会に確認してみてください。