ットバンク(bitbank.cc)でリップルの取引をしてみたいけど、仮想通貨初心者だからうまくできるか不安。口座開設の仕方から実際の取引までどうやってやるのか知りたい」

本記事ではビットバンクの口座開設~リップルの取引の方法を書いています。

・ビットバンクの口座開設と初期設定
・ビットバンクに入金する方法
・ビットバンクでリップルを取引する方法

仮想通貨が初心者の人でも分かりやすいように画像を載せて説明しています。

仮想通貨に慣れていない方でも簡単にできますので、記事を確認しながら口座開設から進めていきましょう。

ビットバンク(bitbank.cc)の口座開設と初期設定

ビットバンクは口座開設料や口座維持費などは一切かかりませんので安心して進めてもらって大丈夫です。

ビットバンクの口座開設と基本情報(氏名など)入力は5分もあればできるので記事を確認しながら登録しちゃいましょう。

ビットバンクの口座開設方法

ビットバンク(bitbank.cc)の登録←口座開設はこちらから

上のリンクを押すとビットバンクの口座開設画面が開きます。

お使いのメールアドレスを登録してください。

Gmailのようなフリーアドレスでも携帯電話のメールアドレスでもどちらでも構いません。

登録したメールアドレスにURLが送られてきますので、URLを押してください。

飛び先のページで今後ビットバンクのログイン時に使うパスワードを入力してください。

入力後、利用規約、取引ルール、リスク事項に関して読み、問題なければチェックを入れて「登録」を押します。

ここまでで口座開設自体は完了です。2分もあればできるのでサクッと終わらせちゃいましょう。

基本情報の入力と本人確認

次に基本情報を入力していきます。

僕は登録を済ましてしまっているので画像を記載できませんが、めちゃ簡単なので手順通り進めてもらえれば大丈夫です。

1.基本情報の入力

氏名、生年月日、住所、を入力していきます。

氏名と生年月日は間違えないかと思いますが、住所は間違いがないか念のために確認しましょう。

というのも、全て登録を終えると登録した住所にビットバンクから本人確認用のはがきが送られてきます。

住所をもし間違えてしまうと受取ができなくなってしまうので気をつけてください。

2.本人確認

基本情報の登録が完了したら「本人確認書類のアップロードに進む」という画面が出てきますので、クリックして進めてください。

本人確認書類に利用可能な書類は、運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード、在留カードのいずれかです。

免許証、住民基本台帳カード、在留カードに関しては裏表の写真を撮ります。

パスポートに関しては顔写真が載っているページと住所記載欄(住所を書いておく必要があります)の写真を撮ります。

写真はデジカメでもスマートフォンで構いませんので、撮った2枚の写真をアップロードします。

ここまでで登録手続きは完了です。

3.はがきの受取

あとは1週間以内を目安にビットバンクからはがきが郵送されてきます。

このはがきは直接手渡しになるのでもし受取ができなかったときは不在表にて再配達の依頼をしてください。

受取自体は本人に手渡しされて完了です。

ここまで済ませるとビットバンクに入金ができ、仮想通貨の取引を開始することができます。

ビットバンクに入金する方法

ビットバンクを使って取引をするためには入金をする必要があります。

普段使っている銀行口座からビットバンクへ入金する方法をお話します。

ビットバンクへの入金方法

ビットバンクにログインしたら左側に「入金」という項目があるのでクリックしてください。

日本円の並びにある「入金」をクリックしてください。

ビットバンクの振込先の口座情報が出てきます。

普段使っている銀行口座から表示されているビットバンクの銀行口座に入金したい金額を振込みます。

このときに注意があります。

振込依頼人名義を記載されている情報で入力してください。

これを間違えると入金が反映されないので絶対に間違えないように入力してください。

記載されている情報は1人1人に設定されている入金番号になります。

振込依頼人名義は入金番号(9桁)+名前という構成になっています。

入金の手数料は利用者負担になります。

ビットバンクへの入出金は住信SBIネット銀行がお得

ビットバンクに入金する際は住信SBIネット銀行から入金するのがオススメです。

ビットバンクの振込先が住信SBIネット銀行を利用しているため、住信SBIネット銀行からの振込みは手数料が無料になります。

また、住信SBIネット銀行以外の銀行からの入金だと平日の15時までの反映になりますが、住信SBIネット銀行の場合はリアルタイム反映の入金が可能です。

ただし、金額が大きいと即反映が難しいという情報もいただいています。(僕は大金を入れてないので確認とれていません。)

あとは、のちにビットバンクから出金する際に540円手数料がかかるのですが、住信SBIネット銀行宛てに出金であれば手数料がかかりません。

色んな面から考えてビットバンクへの入金出金は住信SBIネット銀行がお得なので時間があるときに口座開設しておくのが良いでしょう。

住信SBIネット銀行の口座開設はこちらから

ビットバンクでリップルを取引する方法

入金が完了してようやく待ちに待った取引ができます。

僕はリップルの取引をオススメしているので、ビットバンクでリップルを取引する方法をお話していきます。

画像に掲載している①のBTC/JPYをクリックすると仮想通貨ペアが表示されます。

②のXRP/JPYがリップルなのでクリックします。

次に取引画面が開かれます。

FXや株の取引をしたことがある人であればなじみのあるチャートが表示されています。

左からチャート図、取引が行われている注文板、注文を出すための注文画面になります。

今回主に使うのは一番右の注文画面です。

注文方法には「成行」と「指値」の2タイプあります。

・成行:すぐにでも買うという注文方法
・指値:現在の値より安く指定して買うという注文方法

少しでも安く買う場合は指値、細かいことは気にしないから確実に買う場合は成行と覚えておけば十分です。

成行の注文方法です。

画像に記載している数字の順番に入力していきます。

④のところは③を入力すると勝手に数字が入るのでいじらなくて大丈夫です。

基本は③の日本円でいくら買うかを入力して注文をクリックすればオッケーです。

成行注文は基本的にその場で注文が確定します。

指値の注文方法です。

画像に記載している数字の順番に入力していきます。

③のリップルの指定価格は現在の数字より低い数字で入力します。

④を入力すると⑤は勝手に数字が入ります。

入力した数値に間違いがないか確認して注文をクリックすればオッケーです。

指値注文は指定したリップルの価格まで下がれば注文が確定します。

さて注文が確定したあとにちゃんと買えているか確認しましょう。

画像のように「人型」をクリックして「資産」をクリックします。

資産の画面でリップルの数量が表示されている場合、その数字が実際に購入したリップルの数量です。

上に日本円で換算した総資産額が表示されます。

以上が取引の流れです。

初めての方でも流れを理解できれば難しくないですよね。 

まとめ

今回の記事を読んでいただいてビットバンクの口座開設から取引の方法まで理解できたのではないでしょうか。

現在ビットバンクでは取引手数料無料のキャンペーンを2018年9月30日までやっているのでぜひお得なうちに口座開設して取引を始めましょう。

もしよければこの機会に「リップルのオススメ運用方法!会社員ならではの仮想通貨投資」も参考ください。